本文へスキップ

明宝寒水史は校正が不十分で誤植があります。当サイトの正誤表をご参照ください。

TEL. 0575-87-0000

〒501-4302 岐阜県郡上市明宝寒水

明宝寒水の変遷

 寒水を囲む四方の山は位山の分水界山脈の支脈で烏帽子岳を起点として弧を描くように南西から南東へと標高を下げ、明宝地区以外では郡上市白鳥町、大和町、八幡町及び高山市荘川町と隣接している。
 この位山は上古全山に一位の木が繁茂しており、この木が笏材に賞用されたので位を賜って一位の木と称し、山を位山と言うようになったと伝わる。
 吉田川の支流である寒水川の全長約十一粁はその源を烏帽子岳の南西の斜面から発し大小四十有余の洞谷の水を集めて南に流れ、字石仏から字棚井までは八幡町地内を流れて吉田川と合流する。

 寒水史(佐藤宮次郎著)に「平将門関東八州を占拠せんとす謀反のために誅せられ其一族身の危険を恐れ諸方に流浪し流れ流れて此の寒水の地に入る。(中略)寒水に入るには先づ一つの難所あり即ち現今の口明方村界の歩岐である云々」という件がある。
 平将門や源義経にまつわる伝説は各地に多くあり、平将門の一族が寒水へ落ちてきたということは信じ難いが、旧口明方村界の歩岐というのは寒水川が吉田川に合流した棚井辺りのことで、この辺りは深い渓谷で右岸側は特に険しい山肌となっている。

 吉田川右岸側を遡ってこの旧口明方村の歩岐に阻まれ行き止まりになった辺りにできた集落の里人は烏帽子岳の方から流れて来る水を神の水と信じ、その水が流れる洞谷を神の谷と呼んでいた。
 この集落が神谷郷と称されるようになり、神の水は「かみのみず」とも「かのみず」と呼ばれていつしか「かのみず」という呼び方に転訛し、明治の時代になっても寒ノ水、嘉ノ水又は鹿ノ水などいくつかの文字が当てられていた。
 「寒水(かのみず)」という読み方及び書き方が定着したのは明治時代半ばを過ぎてからのことである。

 明方筋は郡上郡始置の経緯からすれば安郡郷の中にあったものと考察されるが、荘園時代の寒水川流域は安郡郷又は栗栖郷のいずれに属したかは勿論のこと、気良庄又は山田庄のどちらに属していたかさえ不明である。
 これは両庄の境辺りに位置した寒水川流域が四方を山に囲まれた人跡未踏の山間地で、東氏が地頭として入郡する以前はいずれの庄にも認知されていなかったことが考えられ、気良川流域右岸側も深い渓谷に遮らて人跡未踏の地となっていたものと思われる。


 吉田川支流の寒水川流域に位置する濃州郡上郡寒水村は明保筋と上保筋を結ぶ山道の要衝で、明治の初め頃までは長良川の支流吉田川上流域に寒水村、大久須見村、神谷村、二間手村、東気良村、西気良村、畑佐村、奥長尾村、口長尾村、漆原村、鎌辺村、坂本村があった。
 明治八年(1875)、東気良村と西気良村が合併して気良村になり、奥長尾村、口長尾村、漆原村、鎌辺村、坂本村の五箇村が合併して奥住村になった。
 同年(1875)、大久須見村及び神谷村が合併して大谷村になった。
 明治二十二年(1889)、旧神谷村は有穂村へ吸収されたが大谷村の村名はそのまま残った。
 明治三十年(1897)四月一日、吉田川上流域の寒水村、大谷村、二間手村、気良村、畑佐村、奥住村の六箇村及び飛騨川の支流弓掛川上流域の小川村が合併して奥明方村となり、旧七箇村の村名は大字となった。
 同日、初納村、小野村、旭村、市島村及び有穂村が合併して口明方村となった。

 昭和二十九年(1954)十二月十五日、口明方村が八幡町へ合併した。 昭和四十五年(1970)四月二十日、奥明方村は「奥」の文字を省略して明方村に改称するとともに大字の標記を削除した。
 「寒水」の呼称は、昭和二十二年(1947)四月の新学制実施に伴って学校名が村立寒水小学校に改称された時を機に「かんすい」と誤読されるようになり、児童及び寒水小学校に併設された明方中学校寒水分校の生徒を通じてその呼び方が定着してしまった。
 昭和時代の末期頃から「かのみず」という正しい呼称の復活について、当時の教育長をはじめとする有識者の尽力があり、平成の時代になってから徐々に本来の「かのみず」という呼び方が回復するようになった。
 昭和二十三年(1948)八月、奥明方村農業協同組合が組織され、昭和二十七年(1952)には食肉部ができて、昭和二十八年(1953)に二間手に食肉工場が建設された。
 昭和三十年(1955)及び昭和三十一年にハム・ソーセージの製造講習が行われ、これに参加した若者達の手によって「明方ハム」が生産されるようになった。
 これが生産能力を超越して売れるようになり発売日が特定されたがその発売日に店頭へ並ぶことは滅多にない状態であったことから「幻のハム」といわれるようになった。
 後に各地の村興しや町興しなどが盛んになって「幻の○○」と称される語源となった。
 昭和四十八年(1973)三月、郡上郡内の明方、口明方、八幡、西和良、和良、相生及び美並の七協同組合が合併して郡上郡農業協同組合が結成された。
 これにより「明方ハム」は郡上郡農業協同組合の主力商品になった。
 独自に開発した明方ハムの生産を中心として村の活性化を図ろうとした明方村は、第三セクター方式による会社を設立して新たにハム生産工場を建設することとした。
 郡上郡農業協同組合に明方ハムの商品名返還を申し入れてその内諾を得ていたが、郡上郡農業協同組合は郡会議員の選挙や農業協同組合組合の代表役員の交代による絡みからこれを反故にした。
 明方村の村名は「めいほう」と読まれることが多く、既に開設していたスキー場は「めいほうスキー場」と名付けており、また、ハムの生産技術は村の宝であるとして村では商品名を明宝ハムと命名し生産を開始した。
 めいほうスキー場は農閑期の村民の働き場所として村を活性させ、国からふるさと創生費が歳出された時にはこれで温泉を掘り当てて明宝温泉を誕生させるなど過疎の村を大きく変身させた。
 昭和四十五年(1970)四月の村名改称から二十二年後の平成四年(1992)四月一日、半世紀の間に二度の村名変更をするというる前例のない状況下で村名も明宝村に変更された。

 平成十四年(2002)には郡上郡内の八幡町、白鳥町及び大和町の三町並びに明宝村、高鷲村、美並村及び和良村の四村を合併して市制とする郡上郡町村合併の協議が進んだ。
 平成十六年(2004)三月一日、郡上市制が発足して明宝村内の住所標記は従前の標記から「村」の文字のみを除いたものとなり、郡上郡明宝村寒水は郡上市明宝寒水となった。

バナースペース

明宝寒水史

〒501-4302
岐阜県郡上市明宝寒水

TEL 0575-87-0000
FAX 0575-87-0001

inserted by FC2 system